かえる書店 店長

かえる店長

Author:かえる店長
不覚にも捕まった店長。


ノッてみる
My Yahoo!に追加

かえる書店へようこそ!
かえる書店最近の記事
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
RSSフィード
タグリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)

ビートニクス コヨーテ、荒地を往く 佐野元春

ふわ!!完全ノーマークでした!
かえる店長の永遠のアイドル佐野元春のドキュメント・エッセイ集!!

ミュージシャン 佐野元春による、アメリカの文学運動「ビート=BEAT」をめぐるコラムや、彼の敬愛するアレン・ギンズバーグ、グレゴリー・コルソらビート詩人へのインタビューを収録しています。
日本語のビート性を探求した佐野元春25年の孤高の軌跡。21世紀の荒地を往く者へ贈る――ビート・コラムの集大成、待望の刊行!80年代から現在までメジャーミュージックシーンを牽引しながらカウンターカルチャーの分野でも果敢な言語実験を試み続け、その後の世代にも無数のフォロワーを生んだ佐野元春。彼がかねてから関心を寄せそのテーマとして取り上げてきたアメリカの文学運動「ビート=BEAT」をめぐるコラムをはじめ、彼の敬愛するアレン・ギンズバーグ、グレゴリー・コルソ、ゲイリー・スナイダーといったビート詩人たちへのインタビューを試みた貴重なドキュメント・エッセイ。80年代から現在まで、日本のミュージックシーンを代表するアーティスト・佐野元春、本人自身の肉筆による待望の単行本



ビートニクス―コヨーテ、荒地を往くビートニクス―コヨーテ、荒地を往く
佐野 元春


Amazonで詳しく見る



スポンサーサイト


かえる書店注目の新刊 | 【2007-10-16(Tue) 14:17:57】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。